« 2009年2月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年3月

ウクレレの弦を自分で変えちゃおう

ウクレレの弦を変えてみました。
本屋さんの参考書でも、ネットでも、あんまり書いてあるところがなくて、どうしようと思っていたら、知り合いから「簡単だからやってみれば」と言われて、がんばってやってみました。

Dscf1654 まず、袋を開いてみました。
もちろん、4本の弦が入っていますが、袋にシールがついています。
この色でどこにつけるか見分ける仕組みですね。つけるまで袋から出さないのがいいかも...
No.1 が、一番高い A、この袋では赤です。No2.が、青 Eの弦、一番太いNo.3が緑。Cの弦です。
Dscf1656 古い弦をはずす前に、どうなっているか、写真に取っておきました。
わかんなくなったら、最後はここに戻ってこないと....
Dscf1657 まずは、全部の弦をはずします。
弦を張ると掃除できなくなりますから、今のうちに拭いておきます。
Dscf1658 右利きの人と、左利きで、巻いた後の弦の向きが決まるそうです。
右利きの人がやると、A→Gの方向に弦が出るので、きれいに仕上げるために、Aの弦から通していきます。
Dscf1659 先は長めに取ると結びやすいそうです。(なるほど!)
通した先を元に戻し、手前からくぐらせ、輪から手前に戻します。
Dscf1660 輪に三回くぐらせ、軽く絞めます。
長いほうをペグに巻いていけばしっかり絞まりますから、
ここは気楽に。
このまま次々にやっていってもできそうですが、長い弦が邪魔なので、私は先にペグにまいてから次の弦に行くことにしました。
Dscf1661 No.2;Eを通します。
きれいにするために、Aの弦を、輪の中に通します。
後の手順は、さっきと同じ。
続けて、No3. C、No4. Gを通します。
(Cの弦は太いので、二回でいいよ。と教えていただいたんですが、3回やってしまいました)
Dscf1662 ペグに巻いている絵です。
私は1本ずつ巻いていきました。
通しただけで巻くと、すぐにずれてくるので、軽く縛って見ました。
Dscf1663 4本通し終わったところです。
Dscf1664 最後に余分な弦を切っておしまいです。
ここまで10分くらい?? 思ったよりも簡単に、きれいにできました。
これから音あわせが大変ですけどね。。。

思ったよりも、簡単にできました。  K2さん。ありがとう!!

  ただ、ちょっと弾くとどんどん緩んで音が下がっていきます。また合わせて弾いて、また合わせて...
1時間くらい追いかけっこして、だんだん落ち着いてきました。

  響きが全然よくなったし、音もびちっと合いました。いい感じになりました。

追伸: ぷあぷあさんや、他のページを見ると、カマカの場合ちょっと違うみたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年8月 »