泊まること編

今回のバケレン 2008

今回の旅行の宿を紹介していませんでした。泊まったのは、こちらバーバラさんちです。

治安の問題もあるからでしょうか。レイアウトは公開していないところが多いので、勝手に公開しちゃいけないでしょうから、CheeBossも遠慮しておきます。でも、本当は選ぶときにレイアウトわかるとうれしいんですよねぇ...

Yado6 こちらが、今回のバケレン。この屋根の下に車を停めさせていただきました。
この写真の左側にホストの家があって、一応別棟になっていましたよ。写真中央、開きかけの網戸? のところが入り口です。
Yado5 入り口を入ると、すぐにテーブルとキッチンが見えます。キッチンは、オーブン付を探したので、広いと思っていたんですが、思ったよりも狭く、シンクが小さかったのがちょっとねぇ....という感じでしたが明るいキッチンで、CheeBossは、合格点でした。
Yado11 Yado8 この大きなオーブンなら、コスコのピザを買ってみてもホールで焼けるかも...(でも食べきれないから買ってこれないけど,,,)
左奥の扉がバスルーム。けっこう広かったですよ。
Yado7 バスルーム。典型的な感じですが、バスタブはなかったです。
シャワーがハンドシャワーなのはうれしかった。
けっこう固定式のところが多くて、日本人には使いにくいんですよね....
タオルはこの奥の棚にそろえてありました。
この手前に洗面台があります。
きれいにしてくれていましたし、必要なものも、揃っていました。
Yado3 リビングです。中央にあるランプの向こう側が(絞まっていますが)入り口です。
革張りのソファーとその奥、入り口脇にもソファーがあります。手前の青いソファーは、リクライニング式で、正面になるTVを見るには最高でした。
右側の小さなエクストラベッドがあるので、もう一人一緒でも泊まれたかも。です。
Yado1 気になる寝室は、リビングの先、洗濯機などを置いてある廊下?の奥にあります。
けっこう広い部屋で、天井がすごく高く、開放的です。(窓も高くて開け閉め用に長~~い棒が設置されていて笑っちゃいました)
ベッドもこの写真だとわからないかも知れないけど、広いんですよ~....奥の壁は、ウォークインクローゼットで、布団もおいてありました。
手前には、タンスがおいてあります。でも、CheeBossは、ちょっと気になって衣類はそのまま入れませんけど...

今回は、こちらに4泊しました。かかった費用は、

4 nights at $110.00 per night =$440.00
Room tax  7.25 %   =$  32.00
State tax   4.7  %   =$  21.00
------------------
Total due       $493.00

でした。(二人料金の合計です) これが高いのか、安いのか、人それぞれだと思いますが、CheeBossは、ワイキキのホテルに泊まって、一人一泊10,000出すのと比べれば半額以下で、大満足です。
ただ、場所柄車がないとちょっと移動で困りますから、レンタカーは必須ですね。
場所は、本当に海岸からワンブロック。朝散歩に出かけましたが、ビーチに出るパスがなかなか見つからなくて汗かきましたが、ジョギングしながらビーチに来ている人も大勢いました。
近くにコンビニがある....というわけではないので、何かほしいものがあっても車で買いに行かないと行けないです。(一番近くの7-11まででも車で3~4分かなぁ...)
後、車を入れるのが、ちょっと大変。奥まった駐車場なので、バックバックをしないといけません。夜遅くには車の運転に自信のない人は大変かもぉ..

後、大事なのは、ホストの人柄...ここは、となりに住んでいらっしゃるので、安心です。
退役軍人で、日本にも長くいらっしゃったということで、簡単な日本語なら会話もOkでした。大変やさしくしていただきました。
ひとつ難をあげると、無線LANが使えると言うことで、パソコン持っていったのですが、電波の入るのはキッチンの窓周辺だけで、部屋の中では使えませんでした。
まぁ、使えただけ合格なんでしょうが....
というわけで、多少不満はあるものの、素敵なお部屋でした。.奥の寝室に二人ダブルベッドで。リビングに一人。
後、もう一部屋(別料金)追加もできるので、大人数でも楽しく使えるお宿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お洗濯しましょ。

Washバケレンに泊まると、洗濯をすることができます。もちろん、しなくてもいいんですが、汚れるたびにざっと洗うと気持ちいいし、なんと言っても、帰った後に洗濯しなくていいのが一番ですよね。
CheeBossの経験だと、みなさんきれいに使っているし、オーナーさんも手を入れてくださるのか、どこもきれいですよ。
もし、覗き込んで汚くなかったら、使ってみましょう。
たいてい、洗濯機と乾燥機がセットで並んでいます。日本のものより、どう考えても機能的には"シンプル"です。
Wash3上の写真は、乾燥機のダイヤル。左が、洗濯機のほうのダイヤルです。
きっと、メーカーによって、違うんでしょうけど、だいたい基本は、左に回してセットします。日本だとだいたい時間は時間、コースはコースですが、アメリカのは、だいたいコースも時間もひとつのダイヤルです。
後、洗濯の場合には温水を々使うのかというセットがある場合がありますから、よく読んでください。
と言ってもでてくる単語はたいしたことないですから、がんばってやって見ましょう。この写真では、一番左が温水と冷水の切り替え、上段のWASHが、洗い、下段のRINSEが、すすぎの選択です。真ん中のスイッチが、量の設定です。沢山なのか少ないのか。CheeBossはたいていMidiumです。
Wash2スタートは、このダイヤルをひっぱるか、スタートレバーをまわすのかのどっちかです。
デリケートとか、すすぎだけとか。コースを選びます。もちろん、普通はRegularで、Ok。上の数字は洗いの時間。このタイプではこのレバーを引っ張れば動き出します。(自動的に戻らないので、一度押してまた引っ張ると動き出します)
もちろん、動き出す前に洗濯物を入れますけどね。
後は動き出して、タイマーが止まるのを待つだけなので、日本と一緒です。

洗剤はたいてい前の人のが残っています。CheeBossは、念のため、2~3回分を日本からジプロックにいれて持って行ったりしますし、7-11などでも3回分くらいのものを売っています。

気をつけないといけないのは、外の干せないこと。乾燥機で乾かします。縮んで困るものは、日本に帰ってから洗いましょうね。
せっかくバケレンに泊まるんですから、洗濯も挑戦しましょうねぇ...

あまりの洗濯石鹸って、溶けにくいけど、すごくいいにおいです。これもお楽しみください

そうそう、「Stiveさんのハワイ生活術」にもあるように、共同で使うところなんかは、クォーターが必要な場合があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バケレン アーリーチェックインを勝ち取れ!!

ハワ~イにつく飛行機はたいてい朝。ホノルル空港に着きます。ツアーの人たちは、そのまま市内観光に連れて行かれますよねぇ~...
CheeBossは、何とか早くバケレンに入って、moimoi(モイモイ: お昼寝のことですよ)してそれから活動したいと思っています。

ホテルだと、アーリーチェックインをお願いすると、たいてい料金を上げられてしまいます。その点、バケレンは交渉しだいで、アーリーチェックインも可能性があるんですよ。

あくまでも、CheeBossの経験値ですが、① その日に他のお客さんが泊まっていないこと。② 掃除が終わっていること。であれば、たいていのオーナーさんが、何時でもどうぞ。といってくださいます。
CheeBossは、デポジットを支払ったタイミングか、全額支払ったタイミングで、いかに日本からのフライトがつらいか..ということを匂わせて、moimoiしたいんですが...とメール打ちます。
前回Kailuaに泊まったときも、『当日チェックアウトの客がいるが、掃除が終わったら、入ってかまわないから、入りたいタイミングで電話を入れてくれ。終わっているかどうかいうから』と、メールが帰ってきました。実際には、空港からちょっと遊んで、Kailuaに午後1時に入って、電話を入れたら、『あと、1時間』と言われたので、お昼ごはんをKalapawai Cafeで食べて入りました。夕方までMoimoiして、元気に一日過ごしました。

まぁ、Check-In timeはホテル同様決まっていますが、その点はハワ~イのバケレンならかなり自由度が高いですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CheeBossのいう"バケレン" → キリのバケレンですよ。

バケレン、バケレンと書いているうちに、ちょっと不安になってきましたんで....

バケレンというと、すごーい豪華な別荘だと思っている人が多いみたいです。
でも、CheeBossの知っているバケレンは、ピンからキリの  "キリ"のほうです。
もちろん、ピンの方に行きたいですけど、そんなお金ないですから.....自分へのご褒美ですから、そんなに高いものじゃないですよ。

あくまで、ワイキキのちょっといいホテル以下の値段で泊まれるところが、CheeBossの目指すところです。友達誘って人数増やすと、すごく安くなるところもありますしね。

Lanikai3 たとえば、2006年に泊まったLanikaiのバケレン。タイプとしてはStudioです。
二人で泊まりましたが、1泊$125.00でした。一人7000円くらいになりますから、ワイキキのホテル並といえません...でしょうかねぇ...
(左の写真は、部屋から撮った日の出直前写真です。こんな風景が部屋から見れるんですから安いなぁ。と思ったわけで....)

というわけで、CheeBossのいうバケレンは、キリのほうですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベッドは大きい ハワ~イのバケレン

Bedこの写真じゃわかんないですが、ハワ~イのバケレンにいくと、ベッドの広さに驚きます。

King/Queen といった表示がありますが、日本のイメージの一個ずつ上と思って大丈夫です。

CHeeBossは、いつも、薬局でダニスプレー買って行きます。きれいにベッドメーキングしていただいているんですが、何か心配で....

薬局でさらさらタイプを買っていつも使い切って帰ってきます。一度もダニに刺されたことないんですけどねぇ....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バケレンのページの見方

前回VBROのページを使いながらバケレンのページの見方。説明します。英語が苦手...でもでてくるのは決まり文句なので、がんばってみましょう。
ソート方法は前回お話しました。まずは登場する言葉の説明です。

Studio : 前回説明しました。日本で言うワンルームです。大体、ミニキッチンがあって、食事のできるリビングスペース(ラナイの場合も多い)プラスダブルベッドがある。というのがほとんどです。
1BR  :  ワンベッドルーム の略です。独立した寝室がひとつあるよ。という意味です。たいていリビングがこのほかにあって、ソファーをベッド代わりに使えるので、1BRでも4人まで泊まれるのがほとんどです。  友達と行くなら、Studioより、プライベートが作れる 1BRとか、2BRがいいですね。
1BA : ワンバスルームの意味です。 まぁ、1BAは、当たり前なのであんまり書いてありません。2BA以上だと書いてあります。何人かの友達と行くときや複数家族なら、できるだけ多いほうがいいですね。お風呂の時間を使い分けられるし、何よりトイレを分けられますから。
1.5BA : これは、バスとトイレのセットがひとつ。トイレだけがひとつ。という意味です。

$100/nt  : 一泊料金 $100 という意味。 同様に、
$2700/wk  : 1週間の料金。(6泊以下)
$32,000/ mo : 1ヶ月の料金 (30泊以下)

5 nights minimum : 最低5泊が必要。という意味。この部屋を3泊では予約受け付けないよ。という意味。
Plus 11.7% Tax : この料金に 収税1.7%がかかりますよ。という意味。これが結構馬鹿にならない...
$100 Cleaning Fee : 退出時に、お掃除代$100を別途請求しますよ。という意味。
これは何泊とまっても最後の一回だけにかかります。(途中で掃除をお願いすることも可能)
逆に考えると、出たあと次の人までに必ずお掃除が入るので、出るときにあんまりきれいにしなくてもよいという風に理解できます。日本人はえてして出るときにきれいにして時間を無駄使いしてしまいます。もちろん常識の範囲の中ですが、lお掃除に無駄な時間を使わず、お金払っているのですから、堂々と、出て行きましょう。
又、CheeBossは、経験上、このCleening Feeを払わなかったことがあります。「自分で掃除して、タオルも全部きれいに洗濯して帰るから、払わない」と交渉してみたのです。まぁ、同じところに二回泊まって向こうも信用してくださったんでできたんですけどね。
$300 Deposit Require at Time of Reservation : デポジットのために、予約時に、$300先に送金しなさい。という意味です。 50% という表記もあります。
Payment in Full 30 Days Prior to Arrival : 到着の30日前までには全額払え。という意味です。これは、結構交渉できるところです。

Lanai ラナイ : ベランダのことです。ハワ~イの場合、ほとんどベランダが一部屋として使えるようになっていることが多く、ラナイありと書いてあれば、そこで食事ができたりティータイムを楽しめることが多いようです。

Washer / Dryer : 洗濯機と乾燥機のことです。別々に書いてあることが多いのですが、基本的にワンセットです。(ハワ~イは洗濯物を外に干せないので、必ず乾燥機があるはず)
滞在中に選択ができると、とっても楽です。特に海から帰ってきてざっと洗って乾かしておけば翌日着るときもさわやか~です。
Studioタイプだとなかったり、共同だったりします。街のコインランドリーもなくはないですが、やはり生活レベル的に違うところがあるので、できればついているところがお奨めです。

kichinet: キチネット ミニキッチンのことです。流しとレンジくらいで、あとはついている設備を見て、どのくらいの料理までできるか判断します。写真があれば判りやすいですね。
Full kitchen : フルキッチン。完全にお料理できる場所があるということです。

No Pets Allowed : ペット不可。まぁ、日本から連れて行けないので、関係ないですね。
Smoking Not Allowed : 禁煙。

まぁ、気になるのは、こんなところでしょうか。あとは英語の意味そのままです。

値段と場所と、写真の雰囲気、ファシリティの充実度なんかで選んで行きましょう。

ほとんどのところが、問い合わせできるので、書いていないことはどんどん相談してしまいましょう。
もちろん、こういった場所はオーナーや管理人が日本語がだめなところが多いので、英語でやり取りになります。
とはいえ、文法が多少間違っていても、意味が通じりゃよいわけで、単語の羅列でも十分やり取りできます。

CheeBossも、交渉でいろいろ勝ち取ってきました。5泊必要。というところに4泊で泊まったり、クリーニングフィーを値引いたり、アーリーチェックインを勝ち取ったり。
中学英語で十分ですから、がんばって質問してみましょう。(怒らせてしまったらそこに泊まらなきゃいいだけですから、Internet環境に感謝しながら、気楽にチャレンジしましょう)

Kitchen フルキッチン。食器洗い乾燥機も、大きなオーブンもついています。
日本のキッチンでは見かけないこの大きなオーブン使って、チキンを丸ごと焼いて.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこに泊まる?

Image1 ハワ~イに行ったら、どこに泊まりますか?
ツアーで行けば、ワイキキのホテルになりますよねぇ~。
もちろん、ワイキキのホテルもゴージャスでいいです。でも、どうせハワ~イに行ったら、ロコみたいに、ハワ~イの食材でご飯作って食べた~イ。と、CheeBossは、考えました。
そこで、「コンドミニアム」とか、「バケレン」と呼ばれる世界に挑戦してきました。

ちょっとハードルが高い...と思われている人も多いかと思いますが、とりあえず、ワイキキ周辺のコンドなら、ちょっと広いホテルとして使って、(面倒になったらキッチンは使わなくていいだけ)もいいんですよ。

値段は、ピンキリ。 まずはお試しなら、ステューディオと呼ばれるタイプ。(日本で言えばワンルーム) ミニキッチンがあって、テーブルセットがあって、同じ部屋にベットがあって。という感じ。ワイキキの中でも、$60/泊くらいからあります。一部屋の値段で、2人泊まれますから、一人3000円くらい??  ぜんぜん高くないでしょ。というかツアーでなければホテルより絶対安い。

まずは、お試し。ワイキキステューディオのお話から。

Logo_2
VRBOは、ハワ~イの多くのバケレンが登録しているサイトです。ここで、ちょっと探してみましょう。トップページから地図をクリックしてワイキキまでたどり着いてみてください。


ワイキキで登録されているバケレンが一覧されます。ここで、"Sort this page by" というと頃を"Bedrooms"の上向きの矢印をクリックして並び替えます。こうすれば部屋数の少ない順に並びますからStudioが一番上にきます。値段を見ていってください。ntというのが一泊料金。Wkは、7日分。Moは一月の料金です。これは部屋の料金。二人なら"÷2"です。どうですか??   1泊$90 とか、$80とか。探せば $60位もあります。(これは後日紹介しますね)


こういったところにとまれば、キッチンを使えて、料理したりロコ気分を味わえるんですよhappy01

次回は、バケレンの選び方、読み方をちょっと説明しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)